ENTRY

SHARE

「乗って楽しいクルマ」。
自分が感じたその想いを、
多くの人に伝えたいと思いました。

2017年4月 入社

久米 美那子

Kume Minako

長崎店 / 営業職 / セールス

長崎県の大学を卒業。
入社のきっかけは、自動車教習所で知ったマツダ車に惹かれ、当社の面接を受験した。
入社後は諫早店に配属され、その後に長崎店へ異動し、現在活躍中。

  • 教習所で惚れ込んだ
    マツダ車の乗り心地

    長崎出身でずっと地元の学校に通っていたのですが、そもそもの入社のきっかけは自動車教習所でした。そこの教習車がマツダのアクセラで、初めて運転したとき「なんて快適で運転しやすいんだ」と驚いて、そこからマツダの車が好きになりました。就職活動自体は幅広い業種を受けていたのですが、やはりマツダに対しての好印象はずっとありました。入社してすぐに赤色のロードスターを購入したのは、社内で少し話題になったそうですが(笑)

  • 経験を重ねていきながら
    自分なりに工夫をする

    入社当初は全てが新鮮で、何もかもが楽しかったです。最初は先輩に教えてもらいながらの接客でしたが、割と早い段階から新規のお客さまの対応を任されて、まさに実践経験を重ねていきながら勉強しました。お客さまの反応は本当に様々なので、やはり数を重ねていくことが大事だなと感じています。金額の説明でメモに書きながらお伝えするなど、自分なりに工夫しながら、どうすれば分かりやすくなるのか考えています。

  • 女性だから難しいことはなく
    あくまでチームの一員として

    営業として3年目になりましたが職場の雰囲気はとても良く、いつもワイワイ話しながら、家族のような一体感だと感じています。良かった時にはみんなで喜んで、何かミスがあった時にはみんなでフォローして、チームワークは抜群だと思います。女性社員も徐々に増えていて、それぞれ同期とも仲良くしています。ただ周りの社員のおかげもあり、特に女性だからこれができないとか、扱いが違うとか、そうしたことを感じることはありません。

  • 地域に根付いた店舗ごとで
    ニーズに沿った営業を

    現在は長崎店に勤めていますが、最初の2年間は諫早店で営業をしていました。諫早店は他社のカーディーラーも並ぶ交通量の多い通り沿いで、新規のお客さまが多い店舗でした。現在の長崎店は郊外に位置しており、マツダを目指して足を運ぶ方が多い印象です。そうした店舗によるお客さまのタイプの違いも勉強中で、その店舗ごとの地域性をきちんと理解した上で、接客やご提案の質を高めていきたいと思います。

  • 自ら体験した走りの魅力を
    お客さまに伝えたい

    まだまだ営業としては経験不足なので、これからもっとたくさんのお客さまと接する中で力をつけて、徐々に売り上げの台数を伸ばしていきたいと思います。また車の販売以外にも、保険についてお話することも重要なので、そういう知識量を増やしたいです。毎日通勤で乗っている愛車のロードスターは、乗り心地も最高です!自分が感じたこの走る喜びを、もっとたくさんの方に伝えられたらいいなと思います。

ENTRY

エントリー

エントリー完了後、会社説明会などの採用情報を
随時ご案内します。

◎採用についての問い合わせ

(10:00-18:30 火曜定休)

メールで問い合わせ

SHARE

facebook twitter